lifestyle-sapp’s diary

日常生活で起きた出来事を残しておくブログ

ウォシュレット交換作業

久しぶりの更新。

今回からライフスタイルグループに入った。

ほぼ備忘録なブログだけど。

 

自宅のウォシュレットがついに動かなくなった。

もうTCF370Zという型番なので、かなり古いので使っている人はもう少ないかな。

突然、電源入れててもボタンが機能しなくなってしまった。

それまで温風が出なくなった以外は使えてたがさすがに寿命かな。

 

ウォシュレットは自分で交換が可能ということで自力でやってみた。

ただ、自宅のウォシュレットの取り付け方はちょっと特殊だったみたい。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164246j:plain

購入したウォシュレット。TCF8HK43(¥24000)

安いほうのやつだ。脱臭装置まではいいかなと思ったけども。

他のメーカーだともっと安価なものがあったけども、前回TOTOだったので。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164301j:plain

発泡スチロールがないんだな、最近の梱包技術はすごい。

 

 

まずは、元栓、(水抜き)を閉める。

f:id:bicycle-sapp:20180324164317j:plain

大抵はこのタイプだろうね。

水さえ止まれば、作業に入れる。

 

だが、当時のウォシュレットは、取り付け方法が今のと大分違っていた。

説明書に当てはまるところがないのだ。

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164403j:plain

一部外した後だが、分岐弁の位置がタンクすぐ横で止水栓はウォシュレットの根元という・・・。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164332j:plain

当時はフレキシブルホースというのを使わなかったのか・・・。

パイプなので取り回しに苦労しそうだ。

しかも、パイプ径が違って止水栓が流用できそうになかった。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164345j:plain

新しいウォシュレットは付属の分岐弁に交換しなくてはならないので、取り外す。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164418j:plain

ウォシュレットのベースプレートを取り付ける。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164433j:plain

普通便座だったので一番手前のいちでネジを固定。

 

給水ホースを分岐弁に取り付けて完了!

 

これで終わるはずだったのだが、分岐弁手前で水漏れ。

やはり、あのパイプが問題だった。

仕方が無いのでフレキシブルホース60cmを購入。

やれやれ、購入場所に2回もいくはめに。

 

店の人に聞いたら、ホースの長さが足りないときはこのフレキシブルホースで代用できるとのこと。長さも1mくらいのものまであった。

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164452j:plain

f:id:bicycle-sapp:20180324164511j:plain

こんな感じでなんとか取り付け完了。

水漏れ事故は回避。

ただ、以前あった止水栓は流用できなかった。

なにかあれば、元栓を止めるしか方法ないがしょうがないかな。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164527j:plain

旧タイプに比べていくつか機能がついた。

おまかせモードや、タイマー、脱臭機能、ノズル掃除、節電だ。

蓋も便座もゆっくりと閉まるので音がしない。

脱臭機能はファンが回るので音がちょっとする。

水の勢いが思ったほど強くて、弱めにしている。

 

作業は簡単だけど水漏れに注意か。

これからはこのウォシュレットにがんばってもらおう。