読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lifestyle-sapp’s diary

日常生活で起きた出来事を残しておくブログ

システムディスクの空き容量を増やす

以前にメモリを16GBまで増やした。

たぶんそのころからだと思う。SSDの空き容量がかなり少なくなっていた。

SSDはある程度の空き容量があったほうが長持ちするらしいので、

使用しないアプリを削除したりしたのだがまだまだ厳しい。

 

そこで、休止状態を無効にしてシステムファイルhiberfil.sysを削除することで、

空き容量を増やすことにした。

休止状態を無効にしても、スリーブ機能はメモリにより機能するので、

よほど重要な作業をしていない限りは停電しても問題ないだろう。

 

休止状態を無効にする

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「cmd」と入力します。
  2. 検索結果の一覧で、[cmd] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
  3. ユーザー アカウント制御からメッセージが表示される場合は、[続行] をクリックします。
  4. コマンド プロンプトで、「powercfg.exe /hibernate off」と入力します。
  5. exit」と入力し、Enter キーを押して、コマンド プロンプト ウィンドウを閉じます。

Windows を実行しているコンピューター上で休止状態を無効にする方法および再度有効にする方法

https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/920730

 

 

もうひとつ

  1. コントロールパネル>システムとセキュリティ>システム>左のシステムの詳細>パフォーマンス設定をクリック
  2. パフォーマンスオプション>仮想メモリ変更をクリック
  3. ここで十分な容量のあるディスクドライブにページングファイルを指定。システムディスクはページングファイルなしにする。
  4. 推奨値までファイルサイズは確保する。

 

これで、システムディスクにあったpagefile.sysとhiberfil.sysのサイズ分の空き容量が

増えた。