lifestyle-sapp’s diary

日常生活で起きた出来事を残しておくブログ

置き時計はつらいよ

先日、置き時計が突然動かなくなった。

耳を近づけると、カチカチと音はするが針が動いていない。

 

電池式だから、電池のパワーが足りなくなったかなと、

電池を交換してみても同じ。

一応、中を見ようとしたが、開けられなかった。

 

これは、故障したかな?

 

 

f:id:bicycle-sapp:20181227212008j:plain

時計店に修理を依頼してみようかと、

とある店を訪ねると、

「メーカーに送って、1ヶ月以上かかることになりますが。」

ほほう、修理できるなら待とうかと思ったが、

いちおう店長が来るまで待ってくださいとのこと。

 

数時間後、再び訪れると、

「置き時計は受け付けていません。」

と結局、そっけなく断られた。

全く待たせやがって、この店はもういいや。

 

考えてみれば、最近は腕時計が中心の時計屋が多いな。

その店の商品も腕時計ばかりだった。

修理ができる店ということで来たが、腕時計のことだった。

これは店を間違ったようだ。

 

そこで、SEIKOの商品を扱っている大型店に行ってみた。

これも1ヶ月以上かかることになると最初にいわれたが、

とりあえず修理できるかその場で問い合わせてもらった。

「部品が無いので修理できないようです。」

「1986年製ですね。だいぶ古いですね。」

と、申し訳なさそうに断られた。

しかし、中身を見ずに部品がないで終わってしまうなんてね・・。

 

まぁ、部品がなければしょうがないか・・。

でも、代用部品などで器用に修理できないものかねえ・・。

ステレオなんかはわりと治してくれたのになあ。

 

まぁ、始動日からすでに、

 

30年

経っているからしょうがないか。

 

この時計、親父がいつの間にか買っていたもので、

気づけば30年経っていたという。

 

掃除機なんかは10年もしないうちに部品がないからダメと言われたことを思い出す。

 

この時計は30年がんばって動いていた。

できれば治してもう少し動いて欲しかった。

 

たかが時計じゃないかと思う人がいるかもしれないが、

30年、家に一緒にいると、父のものでも愛着がいつのまにか湧いていた。

だから治したかった。

そりゃあ、修理するより新しいの買うほうが現代は経済的かもしれない。

 

 

少し寂しい感じがしていた。

 

 

こうなれば修理できないし、同じような時計がないか探してみた。

 

 

 

f:id:bicycle-sapp:20181227212011j:plain

なんと、SEIKOではなくCITIZENに似たような時計が!!

 

「あー、これだ!」

 

金属製で、足の部分がそっくり。

ベルのところは二つになっているが、これもクラシックでいい。

似たような形でも外観が樹脂製のはいまいちで、中国製だったし。

 

今はこういう置き時計って少ないのだね・・。

SEIKOはもう止めてしまったのか。

見当たらなかった。

しかし、CITIZENはよく作ってくれた。

 

f:id:bicycle-sapp:20181227212015j:plain

 

全く同じではないが、これからはこの新しい時計が引き継ぐことになった。

少し小さくなったので子分のような感じだ。

これが「とてもかわいい」と好評なのだ。

いい買い物だった。

 

さあ、がんばって30年動いてくれよ。

 

ウォシュレット交換作業

久しぶりの更新。

今回からライフスタイルグループに入った。

ほぼ備忘録なブログだけど。

 

自宅のウォシュレットがついに動かなくなった。

もうTCF370Zという型番なので、かなり古いので使っている人はもう少ないかな。

突然、電源入れててもボタンが機能しなくなってしまった。

それまで温風が出なくなった以外は使えてたがさすがに寿命かな。

 

ウォシュレットは自分で交換が可能ということで自力でやってみた。

ただ、自宅のウォシュレットの取り付け方はちょっと特殊だったみたい。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164246j:plain

購入したウォシュレット。TCF8HK43(¥24000)

安いほうのやつだ。脱臭装置まではいいかなと思ったけども。

他のメーカーだともっと安価なものがあったけども、前回TOTOだったので。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164301j:plain

発泡スチロールがないんだな、最近の梱包技術はすごい。

 

 

まずは、元栓、(水抜き)を閉める。

f:id:bicycle-sapp:20180324164317j:plain

大抵はこのタイプだろうね。

水さえ止まれば、作業に入れる。

 

だが、当時のウォシュレットは、取り付け方法が今のと大分違っていた。

説明書に当てはまるところがないのだ。

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164403j:plain

一部外した後だが、分岐弁の位置がタンクすぐ横で止水栓はウォシュレットの根元という・・・。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164332j:plain

当時はフレキシブルホースというのを使わなかったのか・・・。

パイプなので取り回しに苦労しそうだ。

しかも、パイプ径が違って止水栓が流用できそうになかった。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164345j:plain

新しいウォシュレットは付属の分岐弁に交換しなくてはならないので、取り外す。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164418j:plain

ウォシュレットのベースプレートを取り付ける。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164433j:plain

普通便座だったので一番手前のいちでネジを固定。

 

給水ホースを分岐弁に取り付けて完了!

 

これで終わるはずだったのだが、分岐弁手前で水漏れ。

やはり、あのパイプが問題だった。

仕方が無いのでフレキシブルホース60cmを購入。

やれやれ、購入場所に2回もいくはめに。

 

店の人に聞いたら、ホースの長さが足りないときはこのフレキシブルホースで代用できるとのこと。長さも1mくらいのものまであった。

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164452j:plain

f:id:bicycle-sapp:20180324164511j:plain

こんな感じでなんとか取り付け完了。

水漏れ事故は回避。

ただ、以前あった止水栓は流用できなかった。

なにかあれば、元栓を止めるしか方法ないがしょうがないかな。

 

 

f:id:bicycle-sapp:20180324164527j:plain

旧タイプに比べていくつか機能がついた。

おまかせモードや、タイマー、脱臭機能、ノズル掃除、節電だ。

蓋も便座もゆっくりと閉まるので音がしない。

脱臭機能はファンが回るので音がちょっとする。

水の勢いが思ったほど強くて、弱めにしている。

 

作業は簡単だけど水漏れに注意か。

これからはこのウォシュレットにがんばってもらおう。

増加するリファラースパム

トランプリファラースパムが終わったら今度は、

o-o-8-o-o.com スパムが各所で発生しているようだ。

どうもロシアからのようで、URLはクリックしないほうがよいだろう。

 

Googleのほうで弾いてくれないかねえ。

 

リファラースパムを排除する

 もう大統領選は終わったが、アクセスログにはトランプ投票へのリファラースパムが来ている。なんらかの仕掛けでこうしてリファラーに残し、URLを踏ませようとするやからなのだろうが、自分には無意味だ。

驚くべきことはこれがロシアからのスパムってことだ。

f:id:bicycle-sapp:20161204152128j:plain

 

いい加減にうざいので、アクセスログにのこさないようフィルターをかけた。

 

グーグルのアナリスティクスの設定

 

f:id:bicycle-sapp:20161204152207j:plain

 

以下は参考にしたサイト

 

d-web-design.com

 

Windows7 Update 11月適用

KB890830 悪意のあるソフトウェア削除ツール

KB3197868 11月 x64ベースシステム用Windows7向けセキュリティマンスリー品質ロールアップ

 

11月10日適用。

 

適用後のプログラム更新の確認は異常なし。